3日もうんこが出ない!便通を良くする運動で子供の便秘を解消!

便秘で苦しむ子供・・・もうすでに3日間もうんこが出ない!便通を良くするには適度な運動と善玉菌のチカラ

  • >
  • これで完璧!子供が辛い便秘にならない嘘の様な方法!

これで完璧!子供が辛い便秘にならない嘘の様な方法!

2016年11月21日 14時22分

zendamakin_57.jpg

zendama_6.jpg





食事に食物繊維や
乳酸菌を取り入れているのに、
いまいちお通じの状態がよくない、
という時はないでしょうか。

 

食物繊維・運動をしっかりしているのに便秘になる

benpi_39.jpg


腸内ではうんちが出る準備が
できているものの、
出る機会を逃している、
というケースです。
 

まず朝は忙しいですが、
10分から5分早く起きて時間を作り、
「トイレに行ってごらん」
と声かけをしてみましょう。


忙しくてトイレに行くことまで考えていない場合、
便が出ることを見逃していることがあります。


トイレに行ってみたら出た
というケースは多いですし、
毎朝トイレに行く習慣をつけることで、
自然と便は出やすくなります。

 

トイレに行ってもどうしてウンチが出ないの?

benpi_40.jpg


就寝前と起床後に常温のお水を飲むか、
白湯を飲むと便が出やすくなります。


飲む量は夜トイレに起きないで済む
コップ1杯弱程度で十分
です。


お水を飲むだけの習慣ですので、
寝る前と起きてきた時に、
飲むようにすすめるとよいでしょう。


簡単な方法ですが、
比較的効果は高いです。
 
 

食生活の改善で驚くほど便秘が解消される

benpi_24.jpg



便秘によいとされる食材はいろいろとあります。


その中で比較的多く登場するのが、
納豆、キムチ、ヨーグルト、根菜類、果物です。

 
ヨーグルトは便秘解消目的の場合、
夕食後に食べるのが効果的だと言われています。


これは腸内環境を整える乳酸菌が胃酸に負けず、
腸が活発に活動できる時間帯に摂ることが
理想とされることからです。

 
納豆、キムチ、果物などを摂り、
翌朝や翌々日に元気なうんちが出た!
という日を記憶しておき、
より効果的で日ごろの食生活に取り入れやすい
食材をピックアップしておきましょう。


定期的に元気なうんちが出る食材を
取り入れることで、便秘が解消されます。


また、
根菜類はスープやみそ汁、
煮物に取り入れやすいですので、
毎日とまではいかなくとも、
一日おきなどで食べていけると、
よい
のではないでしょうか。
 
 

足腰を動かすとウンチが出やすいって本当?

benpi_41.jpg


小学校高学年になると、
体を動かす機会は、
低学年よりも減る傾向にあります。


学校での授業時間が長くなり、
塾通いを開始するお子さんも少なくありません。


またお友達と遊ぶ時にも、
公園で体を動かすよりお友達の家で話したり、
ゲームをしたりして過ごすことが増えてきます。

 
便秘解消には、
足腰を動かす運動が効果的
です。


それほど長い時間をかける必要はありません。


例えば朝、大変ですが少し早く起床し、
常温のお水や白湯を飲んだ後、歩きます。


昼間眠くなるほど早く起きたり、
疲れが出るほど歩く必要はありません。


保護者の方が同伴すると安心ですし、
朝お子さんと一緒の時間を過ごす
という点でのメリットもあります。


ほんの短い時間帯ですが、
歩くことで気分もリフレッシュできますし、
便も出やすくなります。
 
 
 

理想的!痛みのない自然なお通じになるには?

benpi_31.jpg


善玉菌のチカラは、
クレモリス菌FC株を摂取し、
腸内環境を整えるサプリメントです。


便秘に困った時にだけ力を借りるのではなく、
毎日摂取することで
日ごろから腸内環境を理想的な状態にし、
痛みのない自然なお通じが出るように働きかけます。