3日もうんこが出ない!便通を良くする運動で子供の便秘を解消!

便秘で苦しむ子供・・・もうすでに3日間もうんこが出ない!便通を良くするには適度な運動と善玉菌のチカラ

  • >
  • 子供が心配なら今すぐ硬い便を便秘薬で出すのは止めなさい!

子供が心配なら今すぐ硬い便を便秘薬で出すのは止めなさい!

2016年11月18日 08時50分

zendamakin_57.jpg

zendama_6.jpg




お子さんが便秘になった、
という時に何日出ていなかったか、
便秘になる前までどんな便が出ていたか、
できる限り把握することが重要です。
 

子供の便秘は​一時的な便秘?それとも慢性的な便秘?

benpi_32.jpg


普段は、柔らかいバナナうんちが出て、
排便に問題はなかったのか?


もともと固い便が出て、
便通が滞りがちだったのか?


それにより、一時的に便秘になったのか、
慢性的な便秘になりつつあるのかが保護者の立場でも、
わかってくる
ことがあります。
 
 

子供の便秘は小児科を受診

benpi_33.jpg


お子さんが便秘になった、
と困った場合、
ドラッグストアで便秘薬を買って即解決を、
と考えるかもしれませんが、
できれば小児科を受診した方がよいでしょう。


小児科では、便秘、
という症状を聞く以外にも他に
お子さんのおなかのはりの状態など診察してもらえます。


また、心配な点や、
便秘改善についての質問なども
医師にできる機会になります。

 
小児科では、
便秘に対する薬の処方や処置において、
お子さんに合った方法を選びます。

 
小児科は多くのお子さんの
便秘などに携わっていることから、
安心感が得られるという点も大きなメリットです。


お子さんが今後便秘になった時、
どのように対処すべきかと
知っておく機会にもなるでしょう。
 
 
 

便秘薬を使う前に便秘の原因を知る

benpi_34.jpg


便秘薬は種類により、
便が出るまで半日ほどから、
2、3日ほどで効果が出るものなどがあります。


また、
便が出る時に痛みを感じたり、
便がゆるくなる可能性のある便秘薬もあります。


そうした点から、
お子さんの保護者の方が便秘薬を選ぶ際には、
どのような効果となるのかを
よく確認することが必要です。
 

便秘になった原因が、
何日間か偏食を繰り返していた、
など明らかにわかるものであり、
一時的なものであれば、
同じことをしないよう気をつけることで
便秘は防げますし、
便秘薬を使用するのもその時だけとなります。

 

便秘薬の使い過ぎがなぜ危険なのか?

benpi_35.jpg
 

普段から便が固い、
あまり出ない、

など便秘になりうる症状がみられる場合、
一度便秘薬を使用して便秘が解消されたものの、
期間を開けずにまた便秘になり、
便秘薬を使用するという状態になる
可能性があります。

 
便秘薬は便秘で困った時に、
便秘を解消する作用がありますが、
その使い方により、
自力での排便が難しくなるケースも考えられます。

 
便秘薬の使用の習慣化は、
そうした自然の排便の力が発揮されなくなる、
便秘薬に頼りがちになるなどの点が挙げられます。

 
便秘薬はどうしても困った時の
便秘解消法のひとつとして、
考えておくとよいかもしれません。
 
 
 

善玉菌のチカラでの便秘解消ができる

zendamakin_40.jpg


便秘は、
出ない便を出すことのみではなく、
毎日のお通じが円滑になるように
働きかけることが重要です。

 
便が出なくなって、
どうしても困ったら便秘薬を使用する。


便が出なくて困った状態に
ならないようにするためには、
ということになりますが、


健康な便が出るためには、
腸内環境を整える必要があります。

 
善玉菌のチカラは、
「腸内フローラ」
善玉菌を理想的なバランスにする
サプリメントで、
便秘解消やおなかのはりの改善が期待できます。