3日もうんこが出ない!便通を良くする運動で子供の便秘を解消!

便秘で苦しむ子供・・・もうすでに3日間もうんこが出ない!便通を良くするには適度な運動と善玉菌のチカラ

  • >
  • 子供の便通をよくする為に母親が知っておきたい3つの事!

子供の便通をよくする為に母親が知っておきたい3つの事!

2016年11月17日 09時57分

zendamakin_57.jpg

zendama_6.jpg




 

母親が知っておきたい子供の便秘を改善する3つの事とは?

 

1.子供にうんこを出す習慣をつけるには?

benpi_21.jpg


お子さんが便秘になっていると気付いた時、
一体何日出ていなかったんだろうと
すぐに思い出すのは難しいかもしれません。


お子さんの排便状況を把握することは、
便秘になる前に対策を立てる手段として
とても役立ちます。


もう自分のことは
だいたい自分でできる年齢になったお子さんは、
わざわざうんちが出たと
報告することはあまりありません。


そうした点からも、
朝、便意があってもなくても、
排便のために
トイレに行く習慣をつけることが有効
です。


忙しい時間帯ではありますが、
お子さんがトイレに入ってからの様子や、
出てきてから、排便があったかどうか一言聞くだけで、
今日は大丈夫、今日はでなかったから明日は出るだろう、
というふうにお子さんの便通について把握できます。


またお子さんにとっても、
朝排便のためにトイレに行くという習慣は、
本人に自覚がなくても
排便をする機会になることもありますし、
学校へ行ってから便意があるものの、
授業の準備や友達との時間で、
行きそびれてしまうということを防げます。
 
 

2.便通を良くするためにこまめにアレを摂取する

benpi_28.jpg


円滑な便通に不可欠なのが水分です。

お子さんは特に外遊びや体育など、
体を動かす機会が多いです。


また代謝がよいことから汗をかきますので、
給食の時間以外にも水分補給は必要です。


ただ一度に水分を摂りすぎると、
授業中にトイレに行きたくなる可能性も出てきますので、
休み時間にトイレに行くことともに、
適量の水分補給について話しておくとよいかもしれません。
 

帰宅後の水分補給も忘れずにしましょう。

給食の後の授業や、放課後遊びの後、
あわただしく帰宅し、その後習い事や、
遊ぶ約束ですぐに出かける
お子さんも少なくありません。


手洗いなどした後に、
水分補給をしてから出かけるようにすることや、
飲み物を持たせることで、便秘が回避できます。
 
 

3.便秘の原因はあの栄養素が不足しているから!

zendamakin_18.jpg


便秘の原因のひとつとして、
水溶性、不溶性、
それぞれの食物繊維の不足が挙げられます。


食物繊維は野菜や果物、
海藻類に多く含まれています。


お子さんにとって食べやすい料理は、
お肉類や麺類などが比較的多く、
海藻類や豆類、芋類など、
食物繊維の多い食品はあまり人気がない
ケースが見られます。


体にとってよい食材は、
食べられるようになった方が望ましいですが、
成長とともに味覚も変化することは多々ありますので、
無理強いをする必要はないと思われます。


例えば納豆は苦手でも
揚げや豆腐の味噌汁、枝豆は好きなど、
好みに応じてメニューを考えることで、
食物繊維が摂りやすくなり、
便通がよくなります。

 
 

腸内環境の改善と健康維持

benpi_19.jpg


腸内環境は便通をよくする上で、
とても重要です。


腸内は善玉菌が優勢になることで、
すっきりとした便通が訪れるようになります。

 
腸内の善玉菌を優勢にするために、
乳酸菌は大きな役割を果たしています。


乳酸菌は一度の大量摂取よりも、
続けることで効果が現れます。

 
善玉菌のチカラは、
毎日飲める乳酸菌のサプリメントで、
腸内環境を改善していきます。